So-net無料ブログ作成
検索選択

「100年先よりも今が大事」という発想が大飯原発を再稼働に向かわせる [未来]

あんなに反対の声がうずまいていた大飯原発が,じりじりと再稼働に向けて動き出しています.
3.11の福島原発事故は,だれもが「こんな事故が起きるなんてありえない」とだれもが思っていたものでした.
それを考えると,現状のストレステストや想定等で,未来の原発事故を100%防げると思っている人は,いまやほとんどいないでしょう.

それでも「確率は低いよね? それより,この夏(関西で)苦しい節電をするのはいやだよね?」という理由から,再稼働が決まってしまいそうです.

もしこれが関西でなく,関東地方の福島県か何かの原発再稼働の話なら,首都圏の人間はこぞって反対するでしょう.
3.11以降の放射線の影響におびえながらの暮らしは,首都圏の人間の心の中に強く印象を残しているはずです.
まあ関西だしね….万が一事故が起きても,関東地方は大飯原発の風下じゃないし….関西の人がいいっていうのなら,まあ,いいんじゃない?
そんな思いを,漠然と抱いているような気がします.

昨年の計画停電と節電を経験した身としては,「必死になって削れば,使う電力量は減らせる.少なくともピークをずらすことはできる」と思います.
休日シフトなど,「土日が休み」と決まっていた業界では実施にいろいろな困難があるかとは思いますが,でも,今まで「常識,あたりまえ,定番」と思っていたことをちょっと変えてみる,というのは,発想を変える良いきっかけにもなると思います.

もしかすると,「節電“したくない”んじゃない.そんなことをさせられたら,うちの会社がつぶれるかどうかの瀬戸際なんだ」という切実な声もあるのかもしれません.
でも,なにごとも,一度はやってみないと分からないのではないかな,と思います.
冷房を入れられずに暑い暑いと言いながら,なんとかオフィスの風通しを工夫してみたり,クールビズを御旗にして軽装にチャレンジしたり….
いちど,やってみましょうよ.

昨年夏,関西ではこうこうと明かりが点いているね,節電とは無縁の雰囲気だね,という話を聞きました.
節電の夏.いいじゃありませんか.

***

100年後の地球がどんなに栄えていても,あと数十年でこの世を去るであろう自分たちにはなんのメリットももたらさないのかもしれません.
それでも,未来をより良い方向に向かわせようと努力する自分たちの姿勢は,自分たちに快い満足感を与えてくれることと思います.

立つ鳥,あとを濁さず.
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

簡単にできる(?!)食料自給率向上策 [未来]

栄養士さんに聞いた話です.

日本の食料自給率は下がる一方だけれど,その原因は,「肉」と「油」の消費が増えたからだそうです.

肉そのものは国産だとしても,飼料は外国から輸入している.
油の原料になる「大豆」なども,輸入している.

のだそうです.後は,パンなどの材料になる,小麦も輸入に頼る面が大きいとか.

…ということは,油脂の摂取を控えつつ,「肉」を「魚」に,「パン」を「米」に変えていくだけで,だいぶ食料受給率は上がるのではないでしょうか?!

それなら,健康ブームの今こそが,食料自給率を回復するチャンスなのかもしれません.バターも小麦も高いしねぇ.ちょうどいいじゃん!

日本政府が,もっとそういうキャンペーンをするといいと思うんですけれど….そうすると,畜産業者や輸入業者などが痛手を受けるのかな?


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

環境のためには... [未来]

シロクマと地球温暖化
ペンギンについて調べていたら,Akiさんのblog「「シロクマの独り言」にたどりつきました.

シロクマのすてきな写真がいっぱい載っているのですが,地球温暖化が彼らの環境に影響を与えている...のだそうで...「既に北極圏の氷が少なくなり、個体数が減少しています」とのことです(Akiさんのコメントから引用).

とりあえず,暖房の設定温度を1℃下げるくらいのことは,すぐにでもできそうです.でも,今,20℃なんですけど... 19℃って,なんだか寒そう?

調べてみると,温暖化防止プロジェクト「チーム・マイナス6%」は,冷房は28℃,暖房は20℃を呼びかけています.政府は,政府の官庁には,暖房温度19℃を提唱しているそうです.ふむふむ.
(以下,略)

地球温暖化対策,というと,「冷暖房の温度管理」,むだなエネルギーを使わないようにする,リサイクル&リユース,などをぱっと発想しますが,もしかしたらそれらの「小細工」よりも,もっと抜本的な何かを考え直さなければならないのかも,しれません...

例えば少子化対策.人間の数が減ったほうが,地球環境を荒らす率は低くなるかも? 経済だって,景気だって,回復しないで縮小傾向のほうがいいのかも...?

娯楽のためのエネルギー消費は極力避けるべきだ,とか(小さな例で言えば,電気仕掛けのおもちゃはやめて,ゼンマイ仕掛けに戻すとか,ね).すぐ飽きて捨ててしまうようなものは,最初から作らない,とか.子どもに人気の戦隊モノだって,毎年キャラクターを変えずに,もう金輪際同じにするとか.

出版だってそうです.毎月,ものすごい数の新刊本が出ていますが,全部Web配本にして,オンデマンド出版にしたら,地球への影響はどのくらいなの? 世の中から「社長室」を撤廃したら,エネルギー/コスト削減はどの程度なの?

大量生産&大量消費のアメリカ文化を追いかけてきた我が国・日本ですが,ちょっとどこかで立ち止まって,何かを考え直さなければならないのかもしれません.自己(自産業)否定につながりかねないのですが,それでも考えなければならない気がしてきました.


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。